もっと上手に使えよ!クレジットカード

暗証番号は何故、必要なの?

暗証番号は何故、必要なの?

 

クレジットカードを発行すると、必ず暗証番号を設定しないといけません。中には「暗証番号なんて必要なの?」と感じている方もいるでしょう。ということで、ここでは暗証番号の必要性について触れていきたいと思います。

 

 

当然、身を守るためのモノ

クレジットカードといえば、買い物をするときに支払いを行うアイテムで、サインをすることにより精算ができますよね。だからこそ「なぜ暗証番号なんてものが必要なのか?」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

暗証番号というだけあって、実を守るためのものとは容易に想像できますが、どのような危険性があるのか?イメージが湧きません。

 

ポイントはクレジットカードのキャッシング機能。キャッシングをする場合に、この暗証番号が必要となるわけです。したがって、盗難されてしまった場合、暗証番号がなければキャッシングをフル活用されてしまい大きな損害を被ってしまうことに。だからこそ、暗証番号が必要となるのです。

 

 

安易な暗証番号にしないこと

多くの方が、クレジットカードは財布の中に入れて利用するかと思います。この状態で、財布を落としてしまったとき、誕生日や電話番号など、安易な暗証番号にしてしまうと非常に危険な状態に。ここまで読めば、恐らく察している方も多くいらっしゃるかと思いますが、敢えて記載させてもらいます。

 

例えば、免許証が入っていれば、住所・名前・生年月日が判明することに。となると、生年月日を暗証番号にしておいたら、目も当てられない状況になってしまうことは明白です。

 

いくらセキュリティのための暗証番号であっても、安易なモノであればセキュリティの意味をなさないため、このような設定の仕方はやめておきましょう。ちなみに、キャッシングを不正利用されてしまっても、盗難保険の「対象外」になることが多いため、覚悟が必要になってしまいます。

 

 

サインレスのときに必要になることも

ちなみに、暗証番号は、キャッシング機能を利用するためだけのものではありません。お店によっては、サインレスとしていることがあり、この場合は暗証番号を求められることになります。ですので、キャッシングを利用しないからといって覚えておかないと、レジであたふたしてしまうことになります。必ず覚えておくようにしましょうね。

 

忘れてしまった場合はサインで対応が可能

もし、暗証番号を忘れてしまっていても、このような場合、回避方法があるため、一応は大丈夫です。それが、サインで支払うようにお願いすることです。暗証番号を忘れてしまい、連続して間違えてしまうと、そのクレジットカードが凍結されてしまう可能性があるため、自信がない場合は、遠慮なくお店側に伝えるようにすることが大切です。