もっと上手に使えよ!クレジットカード

車離れが進んでいるからこそレンタカーでANAマイルを上手に貯める!

 

車離れが進んでいるからこそレンタカーでANAマイルを上手に貯める!

昨今、若者の車離れが叫ばれています。車離れが良い悪いは別として、ある意味ではANAマイルを貯めるチャンスといえます。したがって、ここでは「車を持っていなく、たまにレンタカーを利用する方」向けのお話です。かつ、ANAマイルを貯めている方と、かなり限定的にはなってしまいますが…。ですが、首都圏など車を所有していると逆に不便という方は意外と多いです。そういった方には、耳寄りな情報かと。

 

 

車離れが進んでいるからこそのANAマイルの貯め方

一体どういうことか?ですが、端的にいえば、ここぞというときに車(レンタカー)を利用する場合、効率よくANAマイルを貯めてしまおうということ。

 

ANAマイルが貯められるレンタカーは?(2014年6月現在)

ニッポンレンタカー(100円1マイル)
トヨタレンタカー(100円1マイル)
オリックスレンタカー(100円1マイル)
日産レンタカー(100円1マイル)

 

日本では以上の4つの大手レンタカーの利用で貯めることが可能。日本全国に営業所があるため、汎用性も高いといえます。

 

中でもニッポンレンタカーはオススメ

上記されている貯めることができるマイル数は、あくまで提示やポイント移行で得られるマイル数です。しかし、ニッポンレンタカーは、これにプラスしてANAカード(クレジットカード)で支払うことで200円1マイルを貯めることができます。

 

要は、200円で合計3マイルを貯めることが可能ということに。こういった少しの差が、最終的に大きな差になるため、可能であればニッポンレンタカーを利用するとよいでしょう。

 

具体的にどれくらいANAマイルが貯まるのか?

ニッポンレンタカーを強く推しているため、ここでも同様に取り上げていきたいと思います。

 

同社では、24時間の利用で約7,000円〜15,000円ほどとなっています。したがって、200円で3マイルのため、105マイル〜225マイルに。

 

正直なところ、大量獲得というわけではありません。しかし、利用頻度が少ない中でも貪欲にマイルを貯めることができるというのは非常に大きいです。要は、貯められるところで徹底的に貯めることがマイルを多く得る基本ですので。

 

 

返すときにはエネオスで燃料を満タンに!

車離れが進んでいるからこそレンタカーでANAマイルを上手に貯める!

貯められるところで徹底的にという精神でいえば、返すときにもきっちりとマイルを貯めておきたいところ。

 

レンタカーは返すときにガソリンを満タンにしなければいけないルールがあります。それを上手に利用するということです。

 

前置きが長くなりましたが、エネオスでガソリンを入れれば、100円で1マイル、クレジットカードのポイント移行でも獲得できます。このように2重取りも可能となるで、必ずエネオスを利用するようにしましょう。